性シュン☆ヒーローズ

キャバ嬢も絶賛
好きな人チェッカー♪


高級 求人
[惚れ薬は存在するのか!]
惚れ薬は存在するのか!
惚れ薬は存在するのか!
惚れ薬は存在するのか! 【惚れ薬】:別名「夢の薬」といわれ、古来から人類はその「惚れ薬」を求めてきた。惚れ薬が欲しいか欲しくないかといわれれば、100%の確率で「欲しい」と答えるのではないだろうか?少なくともこのサイトを見ている人たちはそうだろう。そんな惚れ薬が本当に存在するのか、存在しないのか。そんなことをここで検証していこうと思う。 惚れ薬は存在するのか!
【惚れ薬とは?】
惚れ薬は存在するのか!いったい「惚れ薬」とはなんなのだろう?辞書にはこうある。

「飲めば、飲ませた相手に恋情を催すといわれる薬。イモリの黒焼きなどが有名。」

辞書にまで載っているほどの存在なのだが、フィクションのものとされている。例えば「惚れ薬」が存在したとして、どうすればその「惚れ薬」の効果が現れ、成功したといえるのだろうか?そもそも「惚れる」とはいったいなんなのだろう?またまた辞書によれば「惚れる」とは

1、ある異性がたまらなく好きになる。
2、人柄や技能などのすぐれていることに心をひかれる。心酔する。
3、ある一つのことをよいと感じて夢中になって、他を忘れるほどになる。
4、頭がぼんやりする。

と、色々な意味が出てくる。ここでいう「惚れ薬」の「惚れ」とは1だ。しかし「好き」という定義自体もわからないものでもある。

「好き」という気持ちは持続させなければ意味がない。飲ませることで一生好きにさせることができるのはまず無理だろう。定期的に摂取するというのであればわからないでもない。ようは「好き」とか「惚れる」とかではなく「なぜかエッチしたくなる薬」。いつの間にかそれが「惚れ薬」と呼ばれるようになったようである。辞書には「飲ませた相手」とあるが、場合によっては飲ませるではなく「食べる」「かける」「塗る」または「自ら飲む」など「惚れ薬」にも種類はあるようだ。 惚れ薬は存在するのか!
【2パターンの惚れ薬】
惚れ薬は存在するのか! 人類は様々な形で昔から「惚れ薬」を求め試作を試みてきた。しかし「確実」に成功したという話はきかない。聞いたとしてもそれはフィクションの話だったりする。フィクションの世界には先ほどもいったように「飲ませる」「食べる」「かける」「塗る」「自ら飲む」、と、様々な形で登場するのだが、大きくわけて、

1、相手に飲ませる、または摂取させることで相手に何かしらの影響を与えるもの。
2、自ら飲む、または摂取することで自ら何かを発生させ相手に影響を与えるもの。

この二つにわかれてくる。どちらも惚れ薬といえるものだ。

人類は諦めずその開発をやめようとしなかった。そしてフィクションのものとされていた「惚れ薬」がある形となって完成しつつある。

1に「バイアグラ」や「媚薬」など催淫剤などにより強制的に性的興奮を与えるもの、2のものに「フェロモン香水」などフェロモンを強制的に嗅がせ効果をえるものがある。 惚れ薬は存在するのか!
【催淫剤・催淫薬】
惚れ薬は存在するのか!催淫剤とはつまり「媚薬」を意味しており、性的興奮を高める作用がある薬の総称なのだが、有名なバイアグラもそうだ。よく精力のつく食べ物などあるが、昔は刺激性物質の入った食材が媚薬とされることも少なくなく「たまねぎ」なども媚薬扱いされてた時代もあったようだ。

催淫剤を使うことで性的興奮が高まることにより、どうしようもなくエッチがしたくなったりする。ただ薬には個人差もあるようで、効かない人もいれば、効果大な人もいるようだ。

間違ってもこっそり好きな人の飲み物などにこっそり入れたりするのはだめだぞ!そういうのは犯罪になっちゃうから。
惚れ薬は存在するのか!
【フェロモン香水】
惚れ薬は存在するのか!最近雑誌やテレビなどでも耳にすることも多くなってきたと思うが、「フェロモン」を人口的に作り出し、その匂いを嗅がせることにより、相手を刺激し好きにさせてしまうというものだ。 しかしCMなどのような効果が得られるかといえばそれも人それぞれなのかもしれない。

昆虫などには認められているようだが、人にフェロモンが効果があるのかは未だ研究中しているようだが、だが人にもフェロモンを感知する器官が存在し、人にしか効かない「ヒトフェロモン」が存在しているのがわかってきているらしい。そのヒトフェロモンが配合されたものがフェロモン香水と呼ばれる。だがCMのようにはいかないので過度の期待は禁物だぞ。

女性はあまりつけ過ぎると電車や夜道で襲われちゃうかもしれないので気をつけた方がいいかもしれない! 惚れ薬は存在するのか!
【媚薬と呼ばれる食材】
惚れ薬は存在するのか!・リンゴ、ザクロ:ジョルジュ・デビュー他著『愛とセクシュアリテの歴史』にリンゴとザクロを用いた古代バビ ロニアの性愛の呪法が紹介されている。
・イチジク:ギリシャ・ローマ時代には国の豊かさの象徴とされ、媚薬ともされた。
・タマネギ:『カーマ・スートラ』などで紹介。
・イラクサ:ペトロニウス著『サテュリコン』で紹介。
・トリュフ:世界三大珍味の一つであり強壮作用があると信じられたキノコの一種。
・卵、チーズ:栄養価の高い食品は強壮剤として用いられた。
・甘草、カズラ、サトウキビ:糖分の取れる食材は強精薬として用いられた。
・ナマコ、牡蠣、ニンニク:精のつく食品として紹介され強壮にも効果があるとされた。
・動物の性器:オットセイのペニスやウシ、ヒツジの睾丸などが精力増強作用があるとされた。
・蜂蜜酒:強壮剤として民間伝承。
・サフラン:調味料として、媚薬として重宝された。
・マンドラゴラ:根茎が二股に割れた架空の根菜で、魔術薬の材料の代表格。シェイクスピアの『マクベス』 などでは魔女の薬の材料として紹介されている。
・カカオ、コーヒー:チョコレートやココア、コーヒーが催淫効果があるとされた。
・コショウ、チョウセンアサガオ:『カーマ・スートラ』によれば男性性器にこれらを混ぜた蜂蜜を塗り交合す れば思い通りに女性を恍惚とさせられるとされる。
・アルコール:リキュールや葡萄酒など。多量に摂ると逆効果。
・バニラ:少量だが男性フェロモンと同じ成分が含まれている。
惚れ薬は存在するのか!
~戻る

あなたのHの価値は?
あなたのHを鑑定します。

アダルトグッズのNLS

どうせ働くなら高級で高収入なお店がいい! 東京/神奈川の高級風俗求人『華蓮』

性シュン☆ヒーローズ
(c) デジタルウェーブ
All Rights Reserved.
携帯アクセス解析