ニュース

間違ったオナニーをしていませんか?

最近巷では間違ったオナニーが習慣化し、セックスでイケない、オナニーじゃないと射精出来ない“膣内射精障害”に悩む男性が増えているという。

男性更年期やED(勃起不全)の治療で知られる神田医新クリニック理事長の横山博美氏は、こう警告する。

「刺激の強いオナニーに慣れ、女性器では快感が得られないと訴える患者が急増しています。彼らの多くはペニスを強く握り過ぎていたり、ベッドや布団に股間をこすり付けるオナニーが習慣化し、痛みが伴わないと射精ができなくなっている。
最近は精巧なオナホールも出ていますが、圧力が強すぎるものを使っている男性も危ない。」

“異常”なオナニーが原因で膣内射精障害を起こし、泌尿器科を訪れる患者は後を絶たないという。病院によっては患者の8%がこの障害に悩んでいるというデータもある。

「俺って遅漏なんだよね・・・」
とか言ってる人も、膣内で射精出来なければ射精障害です。
正しいオナニーの方法に慣れることで治るそうです。

間違ったオナニーの方法
ちんこを強く握る
ちんこを強く握ったオナニーに慣れてしまうと、女性の膣圧では物足りなく感じてしまいます。
握る力を緩めましょう。物足りないと感じる人は、コンドームをしてローションを使うと膣内と似た状態になるのでオススメです。
足をピンと伸ばして、仰向けでオナニーをする。
足をピンと伸ばしてた状態でのオナニーに慣れてしまうと、足を曲げた状態(正常位など)で射精が出来なくなってしまいます。足に力を入れず、自然な状態で射精出来るようにしましょう。
シーツにこすりつける、フトンや枕を股間に挟んでこする、畳にこすりつける。
うつぶせの状態のオナニーはちんこに体重がかかり、圧力が高くなります。
これも「ちんこを強く握る」と同様、オナニーの刺激が強すぎて女性の膣圧では物足りなく感じてしまいます。
オナニーホールでオナニーをする。
オナホールにも色々な種類がありますが、刺激の強いオナホールに慣れすぎると危険です。
また、オナホールを使う時にもちんこを強く握るのは厳禁!
時間を掛けてでも、いわゆる「ゆる系」と言われる締め付けの弱いオナホールでオナニーをしましょう。
AVを観ながらオナニーをする。
AVを観ながらオナニーをすることに慣れてしまうと、 脳の中にAVを観る(視覚)⇒手コキ⇒射精という性感回路が作られてしまい、本物の女体に接して勃起する男性本来のメカニズムが破壊されるケースある。
妄想でオナニーが出来るようになりましょう。
<< 風俗専用ホームページ作成 >>

風俗サイト、デリヘル、店舗型等のサイト運営に必要な機能がほぼ揃っています!

誰でも簡単にサイトの更新が出来きるので専門知識なくても大丈夫です。

詳しくはWEBページをご覧ください!

<< 風俗ホームページ作成詳細はこちら >>

記事のURL: http://www.fuzoku.sh/news/entame/0026/index.html

最新トピックス

ネットウォッチ
当サイトのRSSのURL:【http://www.fuzoku.sh/rss.xml】

人気記事ランキング

 

RSS

性シュン☆ヒーローズの最新記事をイチ早くGET!

RSS 性シュン☆ヒーローズの最新記事
はてなRSSに追加
Add to Google
Subscribe with livedoor Reader
ブログパーツ

携帯版性シュン☆ヒーローズ

iモード、EZweb、SoftBank、3キャリア対応!
いつでも、どこでも携帯版の性シュン☆ヒーローズをご利用いただけます。

携帯版性シュン☆ヒーローズ